アシュタンガヨガとは・・・

IMG_3735.JPG

アシュタンガヨガとは、正式名称をアシュタンガ ヴィンヤサ ヨガと称し、ヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)、アーサナ(坐法)、プラーナヤーマ(呼吸)、プラティヤーハーラ(感覚の制御)、ダーラナ(集中)、ディヤーナ(瞑想)、サマーディ(三昧)の八支則(アシュタンガヨガ)のをベースに古代から受け継がれてきた修行法を
アシュタンガヨガとして“グルジ”ことシュリ・K・パタビ・ジョイスベース師により構築・発展され世界中に広がりました。

アシュタンガヨガは、太陽礼拝から立位のアサナ、座位のアサナ、逆転のアサナ、フィニッシングまで、アサナの順番が決まっており、力強い呼吸と動きを連動させて流れるように体を動かすダイナミックでエネルギッシュなヨガです。この連動した動きがとポーズの流れが肉体、精神、感覚を浄化して調子を整えるように組み立てられており、集中力を高め、体の内部から激しい熱を生み出し、心と体の浄化を導くことで『動く瞑想』とも言われています。
日々の練習は、 継続しておこなうことで心身の健康を高め、自己実現への道に大きな実りをもたらすでしょう。

 

 アシュタンガヨガ マントラ

OM Vande Gurunam Charanaravinde
Sandarshita Svatma Sukava Bodhe
Nih Sreyase Jangalikayamane
Samsara Halahala Mohashantyai
Abahu Purushakaram
Shankhacakrsi Dharinam
Sahasra Sirasam Svetam
Pranamami Patanjalim
OM

オーム ヴァンデー  グールナム  チャラナラヴィンデー
サンダールシッタ スワートマ スカーヴァ ボーデー
ニー シュレヤセー ジャンガリーカーヤーマネー
サムサラー ハーラハラ モーハーシャンティエー
アーバーフー プルシャーカーラム
シャンカチャクラシー ダーリナム
サーハスラー シラサム シュウェタム
プラナマミー パタンジャリム

オーム

 

オーム
至上のグルよ、その足にひれ伏して祈ります。グルは良き知識な存在を教え、素晴らしい幸福への自己の目覚めへと導き、ジャングルの医者のごとく限りある存在に対する無知という毒を消してくださいます。アディシェシャの化身であるパタンジャリよ。聖なる白蛇アナンタの姿をとり、千の輝く頭を持ち、肩から下は人の姿をし、手には分別の剣、永劫の時を表す火の輪、そして聖なる音を放つほら貝を持つ、その御前にひれ伏し祈ります。